スポンサーサイト

 --.--.-- --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラームスフェスティバル♪

 2007.05.01 11:58 
青空の広がる気持ちのいい天気のリューベック。

20070501184254.jpg

今日まで音大では毎年恒例のブラームスフェスティバルが開催されています。
私は相変わらず(!)チケットもぎりのお仕事♪
コンサートを聴いてもちろんお給料ももらえる!という素晴らしいお仕事もついに今学期でおしまい。。。
このお仕事を通じて仲良くなった人、友達・・・寂しい気持ちでいっぱいだけど今学期いっぱい楽しく働きます♪
ブラームスフェスティバルは音大の教授たちによるソロ・室内楽、学生オケの演奏など毎日いろんなプログラムで構成されています。
もちろんプログラムはブラームスの作品、それと大体毎年その年にゆかりのある作曲家の作品が演奏されます。
ちなみに去年はモーツァルトとシューマンの記念の年だったので華やかなプログラムでした。
それに比べ・・・今年は何だか地味なプログラム・・・だな~なんて思ってたんだけど、昨日音楽学教授の発表+コンサートを聴いたらそんな気持ちはすっかりなくなりました!
今回のテーマは『アレンジ』。
作曲家の中には昔の先輩作曲家たちの作品のテーマを使ってバリエーションを作ったり、編曲したりすることが多々あります。
あとは自作のものをピアノソロ→室内楽→オケなどに編曲したり。
そんなテーマの中今回とっても感動したのがラヴェルの『クープランの墓』を3バージョン聴けたこと。
私のダイスキなピアノ曲、とてもシンプルなんだけど透明感あふれる音色。
いつもこの曲を聴くとココロが透明になる気がするんです・・・わかるかな、このカンジ?(笑)
室内楽バージョン、オケバージョンはもっとその音色に透明感がかかって、しかもオーボエの何とも言えない音色が感動ものでした★
その他はストラヴィンスキーのバレエ『プルチネッラ』の組曲もよかったな~♪
教授が講演で言ってたけど、『芸術家は1人ではやっていけない』。
みんな大先輩の作曲家の作品を通して学んで、そしてまた新しい何かを発見していくんですよね。

20070501184054.jpg

プログラムもこっそり録音したMDも私の大切な宝物。
私の人生の中で本当にこれからどれだけのステキなものに出会えるんだろう。
何だか最近そんなことを考えるだけでわくわくしてしまう私です(笑)

ブラームスフェスティバルに続いて、今週末からはブクステフーデフェスティバルが始まってリューベックは大忙し、そして私も(笑)
リューベックにある教会で毎日コンサートが行われます。
バッハも尊敬していたブクステフーデを知るために皆さんも足を運ばれてはいかがでしょうか?
Read more... »
スポンサーサイト

集中!集中!

 2007.02.11 19:54 
昨日の土曜日は生徒さんのおうちのワンコ、オテロに突撃されたせいか(!)かなり弱っていた私。。。
オテロ結構大きいのでしっぽぶんぶんされても痛いし、突撃されるとゆらっとしてしまうのです。
パパさんも『オテロはペットじゃなくて同居人(犬?)だよ。』って笑ってた。

そして今日はヨンジュの試験のお手伝い、譜めくりの練習をしてきました。
っていうかドヴォルジャークのピアノトリオ3番なんだけどかっこよかった~♪

ドヴォルザーク:ピアノ三重奏曲第3番・第4番 ドヴォルザーク:ピアノ三重奏曲第3番・第4番
スーク・トリオ (2002/06/21)
コロムビアミュージックエンタテインメント
この商品の詳細を見る


すっごい難しそうだったけどバリっと演奏する彼女にピッタリだなって思います。
それにしても・・・このトリオ何と40分もあるのです。
譜めくりも大変でございます・・・集中して楽譜を見てるので途中でコンタクトが乾いてきたりしちゃって。。。
しかも1回うまくページがめくれなくてあたふたしてしまう事件もあり。
譜めくりって本当に寿命が縮まる気がするのは私だけでしょうか。。。(焦)
1月の初めに1回目の公開演奏試験、それに2月に非公開演奏試験・・・彼女本当によくがんばった!
1月の演奏会ではラヴェルのピアノコンチェルトの2楽章がすっごくステキで、あのシンプルなメロディーをしっとりと歌い上げてため息ものでした♪

チャイコフスキー / リスト / ラヴェル : ピアノ協奏曲 チャイコフスキー / リスト / ラヴェル : ピアノ協奏曲
アルゲリッチ(マルタ) (1997/09/05)
ユニバーサルクラシック
この商品の詳細を見る


黄色の似合う彼女にこんな花束をプレゼントした私です。

20070212022909.jpg

短期間でここまで曲を仕上げられるのはやっぱりすごいな~って感心。しかも彼女の先生、今はもう私たちの大学にいないのでほぼレッスンなしで1人で試験準備したんだもんな~。
スバラシイ!
そんな大の仲良しのヨンジュは試験が終わったらいよいよ次回の勉強の地、彼女の先生が待っているアメリカへ行ってしまいます。。。
私はすっごくさびしいけど、彼女は新しい人生を夢見てすごく楽しそう。
だから遠いドイツでも彼女の成功を精一杯応援したいなって思っています。
いつかアメリカへ遊びに行けたらいいんだけど~。。。
火曜日はリハのつもりで市庁舎ホールで演奏会をするんだけど、私は残念ながら仕事で間に合わない。。。
でも水曜日の試験で精一杯応援+譜めくり!
うまくいきますように☆

遅ればせながら・・・

 2007.01.16 21:42 
音楽学校火曜日は昨日とはまた別の場所へ行きます。
日本では音楽学校・教室って建物があって、いろんな楽器や先生のレッスンが行われるのが普通なんだけど、私が教えてるドイツのある田舎の地域では(・・・内緒)普通の小中学校の音楽室でレッスンが行われます。
今度こっそり写真とってきますね♪
火曜日は45分4人のグループレッスンがあります。
これが大変なんだな・・・(泣)子供達は7~8歳、落ち着きが全然なく(!)しかも1人の女の子は少し凶暴なのです。。。
私1人じゃ心配だって、音楽学校の校長先生も私と一緒にレッスンをしてくれることに。そして今日とある事件が起こりました。。。
例の凶暴(!)女の子、Laura(ラウラ)って言うんですけど、私はどうもドイツ語のRの発音が苦手なんでラウラって正しく聞こえないみたいなんです。
すかさず『私の名前はラウラよ!ちゃんと言ってよ!Rがおかしい!』って言われました。
それに激怒した校長先生。
私は日本人でドイツ語が母国語じゃないし、それに日本語にはRの発音がないから難しいのは当たり前。
それをバカにしたようにして言うのはとってもヒドイことなのよ!って。
最近小中学校できちんと叱ってくれる先生・・・少なくなったんじゃないでしょうか?
しかも先生自身のことじゃなくて私のことであんなに真剣に子供を叱ってくれた校長先生、素晴らしい人だなって思いました。
私自身今まで何回もいろんな人に私のドイツ語笑われたり、わかんないからって始めから相手にされなかったりって・・・いろんな経験しました。
でも世の中には本当に正しい考え方を持った人、きちんと話を聞いてくれる人、受けとめてくれる人がいるってことをこのドイツ生活でいっぱい学びました。
来週も子供達に負けずに(!)レッスンがんばるぞ♪

今日はやっとあるものを手に入れました☆
それは・・・
Read more... »

☆LAILA☆

 2006.12.04 20:19 
この間の土曜日、来週から一緒に演奏旅行に出るライラのコンサートに連れて行ってもらいました。
このお姉さん、実は隣人さん。
歌手だっていうのはウワサで聞いてて知ってたけど詳しくは知らなかった私。
突然ピンポ~ンって訪ねてきて12月に一緒にコンサートをしないかって言われたのが11月の初め。
彼女のコンサートを録音したMDをもらい聞いてみたらすっかり彼女の声に魅了されてしまいました♪
ってことで一生懸命ほぼ50曲かな?譜読みして合わせも順調にこなしいよいよ本番が迫ってきました。。。
土曜日はどんなカンジか雰囲気を見るために連れていってくれたんです☆
夏は海水浴で賑わうトラヴェミュンデ。
さすがに冬は閑散としてるのかなと思いきや、コンサートが行われる『A ROSA』っていうホテルはカップルでいっぱいでした(笑)
何だかいい雰囲気♪

20061205041008.jpg

同行してたライラの友人のイタリア人はイタリア語かフランス語しか話せなくて、ドイツ語オンリーの私とは全然会話が成立せず・・・コンサートが始まるまで2人でバーで待つように言われたんだけど・・・私はちらちらとホテルを散歩してきました(笑)

20061205041312.jpg

クリスマスツリーを発見して写真撮影したり・・・ここでほぉ~と感心したり。。。

20061205041111.jpg

ここトイレなんですよ(笑)
舞台に現れたライラはめっちゃキレイ!!!
もともとキレイですけど、やっぱり舞台の上では格別に美しい☆

20061205041226.jpg


20061205041351.jpg

曲は全部私も練習したものだし、自分も一緒に演奏してる気分になったり(笑)
彼女は歌いながらバーの中を動き回って観客の人とちょっとお近づきになったりして・・・。
ダンナさんがライラの美しさに魅了されて嫉妬してる奥さんもいましたよ(笑)
ってことで何ともセレブなひとときを過ごさせてもらいました☆
っていうか今度は私がピアノ弾くんだな~、楽しみだし・・・ドキドキだ!!!

モーツァルト万歳♪

 2006.11.12 22:00 
モーツァルトイヤーの2006年、世界各地でモーツァルトのコンサートが行われたと思いますが、私の大学では4公演モーツァルトの協奏曲シリーズが行われました。
昨日は最終回の第4回目、私の先生の登場です♪
もう63歳になる私の先生はすっかり演奏活動を休止されたみたいで、私も3年間先生に師事してましたが2度くらいしか小さなコンサートを聴いたことしかなかったんです。
今回は久々の大きなコンサート、しかもモーツァルトピアノ協奏曲2曲ということで気合いがかなり入っていた模様。
先学期から生徒と一緒に弾き合い会で弾いたり(いつも誰かが初見で伴奏させられました。。。)と準備万端。
でもやっぱり緊張や長年のブランクのプレッシャーか本番前は暗譜を忘れたり、大きなミスを連発したりと大変だったそう。。。
その話を聞いていたので私も昨日の本番前はかなりドキドキしました(笑)
でも舞台に立った先生はすごく集中して、難しいテクニックもこなし音楽を楽しんでいました♪
改めて、すごいな~!って感心。
本番前に大きなミスをしたりするとどうしても怖くなってしまうもんなんだけど、先生は堂々として最後まで弾きこなしていました。
人によっては指が軽やかに回っていないや、ペダルがにごってたなどなど・・・批評はあるかもしれません。
でも63歳でも現役のピアニスト、素晴らしいかぎり♪
演奏会後先生の生徒さんがいっぱいお花を持って舞台にかけつけました。
その中には5歳になる金髪くるくる巻髪のお孫さんの姿も♪
私は昨日もお仕事だったので、全部仕事が終わってから先生の所にお花を持ってかけつけたらとっても満足した笑顔で抱きしめてくれました♪先生に怒られたりケンカしたり(!)3年間でいろいろあったけど、この先生にドイツで出会えたからステキな仲間にも会え、今の私がいるんだなって思います。
本当に先生には感謝しています☆
オーケストラは学生編成。
私の先生と一緒に演奏してくれたみんな、どうもお疲れ様でした~♪
 TOP  NEXT 
プロフィール

あみ

  • Author:あみ
  • 『ひまわり日記』へようこそ♪
    私のブログを通していろんな人と交流できるといいな!
    コメントぜひぜひ残していってください☆



最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
 ブログ内検索 

 RSSフィード 
 カレンダー 

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

 フリーエリア 
 メールフォーム 

名前:
メール:
件名:
本文:

 リンク 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。