スポンサーサイト

 --.--.-- --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

800円の幸せ☆

 2006.02.28 21:34 
私は日本へ里帰りすると・・・大体おじいちゃんと一緒にいます(笑)
いつもごはんを食べに連れて行ってくれるのが定番なんですが・・・(例えばコチラ)、2人でおばあちゃんのお墓参りにも行きます。
私、お墓参りが趣味という・・・少し変わり者な面を持っているのも以前ブログの記事にしました(笑)
ってことで今日はおじいちゃんと2人で仲良くお墓参りに行ってきました。
いつも思うけど、おばあちゃんは幸せな人。
おじいちゃんは毎日仏壇のお世話はかかさないし、お墓参りもよくしていつもお墓をきれいにしています。
たまにケンカをしたりいろいろきっとあったとは思うけど、私からしてみたら本当にステキな夫婦でした☆

さて、今は1人暮らしのおじいちゃん。
私がたまに日本へ帰るといつもきっとさびしいせいかマシンガンのようにしゃべります(笑)
昨日は保険についていろいろ話してくれたけど、私が眠くなってしまい・・・(ごめんよぅ~。)今日のテーマはわかりやすくおじいちゃんの子供時代について。
楽しいドライブとなりました♪

お昼ご飯は2人がダイスキなうどん屋さんへ!
手打ちうどんのお店でおにぎりや天ぷらもあります。
調子に乗って食べ過ぎた私たち。。。苦しかった(笑)

P1000640.jpg

私のうどんはおろし醤油うどん。
おじいちゃんのお風呂の桶みたいなうどんすごすぎ(笑)
天ぷらはまだ自分では恐くて作ったことないんです。。。
今年こそ挑戦してみようかな?
スポンサーサイト

長旅の過ごし方。。。

 2006.02.27 20:23 
土曜日に無事に日本へたどり着いた私です。。。
今回の旅はいつもよりも倍に疲れた~。
私はいつも飛行機の座席は通路側を希望するんですけど、
なぜか今回は窓側しか空いていなかったんです。
仕方なく窓側に座ったはいいけど隣のイギリス人がでかい~!
そんでもってこの人私のスペースにまではみだしてくるんですよ!
長い足やらデカイ頭やら・・・。
はぁ~、結構ストレスのたまった飛行機の旅になりました・・・。
ちなみにこの人、日本語がペラペラでおしゃべり好き。。。
こういう外人さん苦手なんです、私。日本語で根掘り葉掘り聞いてくる。。。(笑)

さてみなさんは飛行機での時間何をして過ごしますか?
私は全然眠れないタイプなので・・・(泣)いつも何とか時間をつぶそうと工夫してます。
機内の映画がよかったらいいんだけど、あとはひたすら読書。
ってことで見た映画と本のご紹介です★

20060227200551.jpg

『Just like Heaven』★★★★★アメリカ(2005)
☆ストーリー☆
デビッドは妻を亡くして少しふさぎがちな毎日。
新しく引越した家で怠惰な生活を送っていると、突然エリザベスが登場。
彼女はここに自分が住んでいるからデビッドに出て行けと強気で主張。
どうやら彼女は幽霊でしかも自分にしか見えないらしい。。。
一体彼女はどこから現れたのか・・・!?
エリザベスを演じるリース・ウィザースプーンは私のすきな女優さんの1人。
『キューティーブロンド』ですっかりファンになってしまった私です。
お話は単純ですが、かわいらしく笑える場面もあり。
何も深く考えずに楽しめちゃう映画でした♪

そして本はこちらをご紹介☆


吉本ばなな『不倫と南米』★★★☆☆
吉本ばななさんがアルゼンチンを旅行したのをきっかけに書かれた小説。
なぜテーマが不倫なのか・・・?
やっぱアルゼンチンは情熱の国だから?(笑)
いくつか短編小説が入っている本です。
旅行で目にした景色や感情をそのまま小説で表現するってすごいなって思いました。
やっぱ小説家さんは旅行しても見る目が少し違いますね。
私は旅行がすきなので、本や映画も世界各国を楽しめるものがスキ。
アルゼンチンに興味のある方、オススメです♪
1人旅は絶対こわいけど・・・いつか南米にも行ってみたいな☆

お花のある生活。

 2006.02.24 05:25 
午後からお友達がくるので朝から大掃除をしたりお買い物に行ったり。。。
1月に彼女はお誕生日だったんだけど、私達2人とも試験で(彼女はまだ3月にもある・・・かわいそうに。。。)お祝いできなかったので今日はささやかにお茶に招待しました☆
お花をプレゼントしようと思ってまたお花屋さんへ。
今日は前回とは別のお花屋さんで家の近所の所に行ってみました。
前の所はドライフラワーをアレンジしたものが多かったけど、今日のお店は生花ばっかり!
しかもすっごくオシャレに花束を作っててステキ☆
フラワーアレンジメント習ってみたいなぁ♪
また特別に写真をとらせてもらったのでご紹介しますね。

まずお店の真ん中にどど~んと大きなオブジェが。

20060224045408.jpg

いろんな花束や鉢植えが飾られています。

20060224045748.jpg

あとは壁沿いに色を合わせたコーナーがありました。
こちらはブルー系。

20060224045516.jpg

こんなかわいい鉢植えほしいよ~♪
ハートがくっついています。

20060224045633.jpg

こちらはピンク系。
薄いピンクの花は柔らかな優しいカンジですね☆

20060224051125.jpg

そしてこちらは白系。
背景の絵にもピッタリにお花が飾られていました。

そして友達にはこちらの小さなバラをプレゼント!

20060224051714.jpg

中国人の友達には赤がピッタリ☆
このお花屋さん他にもオシャレな小物もたくさん売ってました。
すごくきれいなバラ柄のポーチを見つけてパスポートを入れるのにいいなぁ~なんて悩んだんだけど、ちょっと私には高くて(泣)あきらめました。。。(笑)
これから春になって花屋さんだけじゃなく、普通に散歩しながら花を見れるのがとっても楽しみです☆
私は明日から3週間また日本へ帰ってきます♪
私の小さな優花は大きくなったかな~?楽しみ☆

アンティークなものたち。

 2006.02.23 04:09 
今日は昨日の続きです☆
では、この階段を登って2階へ行ってみましょう。

20060223034217.jpg

(写真は上からとったものだけど・・・笑)
2回にはドイツの有名なマイセンのアンティーク食器や家具、なぜか薬局(!)、おもちゃ展示部屋などなど、少しおもしろそうなカンジ。

20060223034615.jpg

この食器が1番気に入りました☆
絵のテーマは中国人。
こんなステキな食器でアフタヌーンティーを楽しみたいですね☆

20060223034344.jpg

そしてこのアンティークな家具たち。
この大きな宝箱みたいな家具、友達の家で何度か見ました。
アンティークファンな人にとっては人気な家具なのかしらん?

20060223034527.jpg

この絵、私はすぐルーヴルにあるアルチンボルドの『四季』を思い出しました(笑)全然違う!?

20060223034813.jpg

おもちゃの部屋ではメリーゴーランドやドールハウスを発見。

20060223034706.jpg


Puppenhaus.jpg

友達との待ち合わせの時間が近づいてきたので・・・残りは大急ぎで見ました。
またいつかゆっくりきてみたいなって思う美術館です☆

そしてお待ちかね、カフェではダイスキなアップルケーキ☆
今日の生クリームの量はすごすぎ!!!
店員さんのサービスかしらん?(笑)
Museumcafe.jpg


Read more... »

落ちつく修道院。

 2006.02.22 03:34 
今日は友達とカフェでのおしゃべりの約束。
それまでに時間があったので、いつも鐘が聞こえる私の家から近くのAegidien教会に行ってみました。

20060222031450.jpg

住宅街の中にあるせいか観光客はゼロ。
暗い教会に1人はちょっと不気味でこわかった。。。
ステキなオルガンがあったので、今度演奏会にでもきてみたいと思います。
〈他の教会の記事はコチラ。〉

20060222031550.jpg

演奏会のプログラムのポスターを見てみると私のアンサンブルの先生が指揮者でした♪

私の1番のお気に入りのカフェはSt.Annen美術館に併設されてるカフェ。

20060222031738.jpg

カフェには何度か来ていますが、美術館には1回も来たことなかったし、Jさんのオススメだったので今日は行ってみることに。

20060222031636.jpg

こんなかわいい看板がかかってあります。
そして学生2ユーロとなかなか手頃な値段です☆
このSt.Annenはもともと修道院だったようなので、1回の展示物は教会にありそうなものばかりです。
色使いやたくさんの像が温かい雰囲気を作っていました。(Aegidien教会が暗すぎたため、余計にほっとしたのかも。。。)

20060222031831.jpg

特にその中でもこれが1番ステキでした。

20060222031950.jpg

何と1525年の作品!
真ん中はイエスを抱いたマリア様。
そしてその両隣には聖カタリーナと聖バーバラです。
カタリーナ、バーバラは聖人の名前なんですが、ドイツでも女の子の名前によく使われますよね。
私の2人の優しいドイツ人のお友達もカタリーナ、バーバラです(笑)

20060222032542.jpg

中庭も落ちつくカンジです。
私のお家に少し似てます。
このレンガ造りの建物は少し昔の世界に戻った気がしてお気に入りです!

次回は2階の様子をお届けします☆

料理の修業☆

 2006.02.21 04:05 
この間の土曜日3人のお友達をおうちに招待しました。
この間のアンサンブルの試験で演奏してくれたお礼するためです。
バイオリンの中国人のDescengのオーダーは寿司!(笑)
節分の時の復習でもう1回作ってみました。
今回はなかなかうまくできた♪
他に私は牛肉と白菜炒めを、中国人の友達Duanは肉団子、野菜炒めを作ってくれました。
試験から解放され、しかも春休みの私達はみんなご機嫌(笑)

20060221035538.jpg

両手に花で幸せそうなDesceng。
ドイツ人のVeraはおはしの使い方を習いましたが・・・修行が必要な様子。
とっても楽しい土曜日の午後でした☆

今日はといいますと・・・もう1度目玉焼きの修行。
ハート型に挑戦。あんまりうまくいかないなぁ~。。。(笑)
20060221035620.jpg


今日は次の試験の曲についていっぱい考えました。
1950年以降の作品(現代曲)を1曲用意しなきゃいけないんですけど、日本の作曲家の作品を演奏したいな~と思って。
日本人である限り、たくさんの日本の作品を紹介したいな♪
ってことで、矢代秋雄を選んでみました☆
私が今弾いてるベートーヴェンのソナタOp.109に影響されたそう。
興味津々♪春休みの課題にします☆



悲しい最期。。。

 2006.02.20 05:32 
金曜日に演奏会のお仕事に行ってきました。
管楽器のアンサンブルの演奏会だったんですが、グルダのチェロ協奏曲がすっごいかっこよかった!
私はすぐにピアニストのグルダだなんて気づかなくて友達から聞いた時ビックリ☆
管楽器オーケストラとドラム・ギター・エレキギターが加わるおもしろい編成。
チェロのソリストはうちの大学の先生。
ジャズっぽいメロディーや超絶技巧を見事に聞かせてくれました♪
私、あんまりグルダの演奏覚えてないんですよね。。。
ベートーヴェンが得意らしいので、今弾いてるソナタのCDを買ってみようかなって思います♪



今学期最後の演奏会はチェロの先生がかっこよく決めてくれました☆
Read more... »

トリアノンでひとやすみ。

 2006.02.18 01:54 
いよいよ春休み突入です★
今日は即興の最後のレッスンに行ってきたんだけど、先生から宿題をもらいました。。。
楽譜を整理整頓できてないところを発見されて・・・『ちゃんとファイルを買って整理しなさい!春休みの宿題!』だって。
小学生か、私は。。。(笑)

さて今日は昨日に引き続き、マリーアントワネット特集で(笑)今日はトリアノンです。
宮廷生活の堅苦しさから逃れるため、王家の人々はこの離宮で息抜きをしたらしいです。
こちらはグラン・トリアノン

20060218012838.jpg

ルイ14世が愛用していたもので、フランス革命後はナポレオンもお気に入りだったとか。

20060218013039.jpg

そしてこのプチ・トリアノンはマリーアントワネットのお気に入りだったようです。
ってことでこの有名な肖像画もあります。
20060218012942.jpg

私は個人的に彼女の肖像画の中でこの絵が1番すきです。
ヴェルサイユ宮殿に比べればもちろん小じんまりしていますが、やっぱり豪華。

20060218013350.jpg

20060218013138.jpg

ステキな家具たちがまたもやいっぱいです♪
そしてこのプチ・トリアノンの近くにはマリーアントワネットが恋人と遭っていた『愛の神殿』があるのです!
愛のない結婚をしたマリーアントワネットとルイ16世。
愛人ができてしまっても仕方ないのでしょうか・・・。
『愛の神殿』というからにすごくロマンティックなものを想像していた私。。。いざ行ってみると・・・コレ。

20060218013243.jpg

う~ん、神殿!?
私の家の近くにある小さな公園にあるものと大して違わない気が・・・。

20060218013459.jpg

恐れおおいかしらん?(笑)
他にもメルヘンの世界の王妃の村里が近くにあるみたいですが、私は写真しか見たことないです。。。
王家の人々はここで牧歌的シンプルライフを楽しんだそう。
マリーアントワネットは土さえも触らなかったらしいです!
民衆の生活の苦しさをちっとも理解せず贅沢な生活をしていた彼女の運命はフランス革命で一気に変わってしまうんですよね。
王妃ではなく普通の貴族の娘だったら、恋人とも普通に暮らせたかもしれないのに。。。

さて、次回は彼女の最後の場所、コンシェルジュリーをご紹介します★

ヴェルサイユ宮殿。

 2006.02.17 02:33 
昨日で無事試験終わりました~!
よかった、合格☆
かなりの緊張とストレスの日々から解放されてちょっと疲れ気味の私です。。。
明日1つまだ授業があるけど、その後は4月3日まで春休みです☆
今日は朝から友達の試験合格の祝福メール&学校でのうれしい励ましなどなど、すごいうれしかったです。
外人にとって厳しい口答試験。
30分の口答試験のことを考えて先週末はどん底気分でしたが、試験後先生に『あなたはとってもドイツ語が上手よ!』って言ってもらえてうれしかったです。
試験の成績はもちろんあんまりよくなかったけど・・・(泣)すごい励みになるお言葉でした。

さて今日はヴェルサイユ宮殿のお話です☆
2年前にパリに行った時に友達に念願のヴェルサイユに連れて行ってもらいました。
やっぱりヴェルサイユと言えば、マリーアントワネットですよね。
若くして後のルイ16世と結婚したオーストリア人の彼女。
フランス革命での運命とともに歴史に残る女性の1人です。
ヴェルサイユはとっても大きな敷地で(何といっても庭がすごい!)他にもトリアノンという離宮もあります。
今日はヴェルサイユ宮殿の豪華絢爛ご紹介します♪
こちらは王室礼拝堂

20060217021912.jpg

白で統一されたこの場所はとっても神聖な雰囲気が漂っていました。
宮殿にはたくさんのお部屋があるんですが、絵画やアンティークな家具などが飾られています。
こちらは『ヴィーナスの間』。

20060217022013.jpg

天井には『神々と強大国を従わせるヴィーナス』という絵が描かれているのでこの名前になったそう。

20060217022132.jpg

20060217022234.jpg

そしてこれがマリーアントワネットの寝室
薄いグリーン基調でバラのお花装飾でとっても上品。
ここでマリーアントワネットは王位継承者を出産したそうです。
どこのお部屋か忘れちゃったけど(笑)こんなかわいいベッドも発見。

20060217022452.jpg

それにこのキャンドル。

20060217022345.jpg

1つ1つの家具がとってもオシャレです。
オペラ劇場には行かなかったけど、木造建築なのでとっても響きがいいみたいです。
優雅にここで音楽を聞いてみたいなぁ~♪
お庭もたくさんの彫刻でいっぱい。
私は残念ながら散歩できなかったんですが、次回はじっくり見てみたいです。

次回はマリーアントワネットお気に入りのトリアノンをご紹介します☆


ハッピーバレンタイン☆

 2006.02.15 00:57 
家に閉じこもってばかりはいけないと思い(笑)・・・朝から天気もいいのでお散歩に行ってきました★
ちらっと前に楽譜を買ったお店をのぞいてみたら・・・何とついに50%割引!ってことでまた買ってしまった私です(笑)
今日は自分の生徒のために役立つ楽譜を買いました♪

ところで・・・2月14日はバレンタインデー☆
ドイツにいると全然盛り上がらないのでついつい忘れてしまいます。。。
こちらの人は男性がカードやお花をプレゼントするみたい。
日本だと大騒ぎの1日だったんだろうなぁ~。
私も思い出したように(!?)チョコレート買ってみました。

20060215005201.jpg

前から気になってたチョコレート&コーヒー専門店をチェック☆
カシス&シャンパン風味とオレンジ風味、それにいろんな南アメリカの国のカカオが原産のチョコレートがパックになったやつ。
ちょっと冒険かもしれないけど・・・(笑)

バレンタインということで、かわいらしいモーツァルトのお話をご紹介♪神童と騒がれたまだ小さなモーツァルトはオーストリアで、マリア・テレジアの前で演奏をすることに!
素晴らしい才能を披露し得意気に歩いていたら、みんなの前ですってんころりん。。。
そんな彼を助け起こしたのがあの、マリーアントワネットなのです。
そこでお礼にモーツァルトは『大きくなったらお嫁さんにしてあげる♪』と言ったそうな。。。
とってもかわいい有名なお話ですよね。結局マリーアントワネットはモーツァルトの妻にはならず(笑)フランスへ嫁いでしまいます。
ってことで、現実逃避中の私は次回からヴェルサイユ宮殿をご紹介したいと思います~♪

20060215005633.jpg

今日は新しい生徒さんのレッスンが入っていたのに、何とすっぽかされてしまいました!!!
ちゃんと部屋も掃除して待ってたのに~。
何も連絡しないなんて失礼すぎますよね!
きっと変な生徒さんだったんだろうってことで、怒りに決着をつけた私です。。。(笑)

ポップな目玉焼き☆

 2006.02.13 04:05 
今日は日曜日だというのに・・・(泣)、1日中おうちでお勉強です。。。
昨日次の試験のため先生と話し合いだったんだけど、何と私まったく勘違いしてて(恥)全部やり直しになっちゃったんです。。。
ひどい~!ちゃんと理解してなかった私が悪いんですけど、外人なんだから仕方ないじゃないか!ってちょっと逆ギレ。
ってことで今日は1日中課題をもう1度やり直すことに。
ドイツ語が頭の中ぐるぐる回ってます。。。(笑)
とりあえずさっき1日かかって完成。
もういい、どうでもいいってなげやりな私です。。。

昨日中国人の友達と一緒に試験勉強したんですが、彼女のおうちに行く前に私の愛用ドラッグストア『ROSSMANN』でかわいいもの発見!
それは目玉焼き用フォームです(笑)
お花型とハート型が2つずつ全部で4個で3.99ユーロ。
少しでも生活楽しむために(!?)買ってみました。

20060213035928.jpg

結構わくわくしてお昼ご飯に作ってみたんだけど、予想していた通り、型から抜くのが難しい!!!(笑)
ってことで結局この通り、ちょいとつぶれちゃいました。。。

20060213040010.jpg

よく見ないとお花ってわからない・・・。
ラテ・マキアートの泡だて器と同じように、日々修行が必要なようです。。。

アンサンブルの魅力♪

 2006.02.11 04:29 
今日無事1つめの試験が終わりました。
今回の試験はアンサンブルの指導法。
曲や室内楽の編成は自由で、私はモーツァルトのピアノトリオを選びました。
モーツァルトイヤーの今年、私もモーツァルトと関りたい!(笑)
でも自分が弾くのは残念ながら苦手なので、この試験の曲に選びました♪トリオをも友達が演奏してくれたし、試験官の先生達もみんな親切ですっごくいい雰囲気で試験を受けられました。
1人で何回も家で指揮の練習したし(ヒトリゴトつきで・・・)落ちついてアンサンブルを指導できたと思います。
先生も試験後これからの課題も言ってくれたし、とりあえず無事終わって安心しました☆疲れた~。。。(笑)

モーツァルトの曲はやっぱり楽しくてユーモアいっぱい。
やっぱりこれはモーツァルトの魅力ですね♪
ピアノソロとはまた別の魅力がアンサンブルにはあるんですよね。
私も来学期はいっぱい室内楽できたらいいなって思ってます☆
モーツァルトチョコも友達へのおみやげに買いました☆

20060211042440.jpg

昨日は授業中に友達からとってもいいニュースを聞きました!
楽譜屋さんがもうすぐ閉店してしまうので、今40パーセントバーゲン中と!!!
私も1回そのお店のぞいたんだけど、バーゲンコーナーの楽譜はそんなにほしいものではなかったので何も買わず家に帰ったんですよね。
友達の話だと、全ての楽譜が40パーセント引きらしい!
店員さんに聞かなくちゃいけないみたいです・・・そんなのありか!?(笑)ってことでこんなに楽譜買っちゃいました♪

20060211042526.jpg

ベートーヴェンソナタ集2巻(いつもコピーばっかしてたんですよね、お恥ずかしながら)、ドビュッシープレリュード全集、シューマン幻想小曲集(チェロとピアノ)、全部で73ユーロが45ユーロになりました!
どれもきれいだし大満足☆
ベートーヴェンが無料になったカンジ。
しっかり練習しなくては(笑)


なんで?攻撃。。。

 2006.02.09 20:00 
昨日は最後のピアノレッスンに行ってきました。
私の門下はとっても生徒数が多く、1週間に3日しかこない私の先生は何と朝の8時からレッスンを開始。
今学期、他の授業との都合で何と私は水曜日の朝8時になってしまったのです。。。
夏ならまだしも、冬なので寒くしかも暗い!
とっても辛い水曜日でした(笑)
しかし!朝8時のレッスンの先生の集中度は素晴らしい☆
やっぱりおじいちゃんのせいか(笑)早起きなので、朝は元気いっぱいなんですよね。
前に夕方レッスンの時があったんだけど、先生大体いつもくたくただったなぁ。
来週は試験だからお休みさせてもらうので、昨日で今学期のレッスン終わりました。
3月の演奏会に向けてしっかり勉強できたので、あとは自分でがんばるのみ・・・。

自分のレッスンの後は生徒さんのレッスン。
さすが13歳の少年、いろいろ興味深々です。
彼は最近ピアノを始めたばかりなので、やっと楽譜を読めるようになってきたところ。
ヘ音記号が苦手でついにこんな質問をしてきた!
『なんでヘ音記号が必要なの?ト音記号だけで十分だよ!』(笑)
楽譜を読むのにウンザリしてしまった模様。。。
これでハ音記号の存在を知ったら彼は一体どうなるんだろうか・・・?(私はハ音記号すぐ読めないですけど・・・笑)

いきなりの質問に焦ってしまった私。
ト音記号の楽譜だけだったら、低い音を楽譜に記すのに不便だし、読みにくくなるからよ!って苦肉の策で説明したけど、納得したのかしら。。。
子供の『なんで?』質問攻撃はいきなりなので、いつも焦ってしまいます。
ちゃんと先生として勉強しなくっちゃって実感した昨日でした。

今日はピアノにちなんで最後にウィーンの古楽器コレクションの写真をご紹介♪
シューマン、ブラームスの所有したピアノなどが展示されています。

20060209195602.jpg

20060209195644.jpg

残念ながらどれが誰のピアノか忘れてしまった~。。。

指揮法を終えて。。。

 2006.02.08 04:04 
今日で指揮法の授業が終わりました。
1年間この授業を受けてきて、最初の頃は指揮をすることだけで頭がいっぱいで、アンサンブルの指導なんて全然できなかったけど、今は少しずつ上達。
そしていよいよ金曜日に試験です。ドキドキ☆
1年間一緒にやってきた友達の成長ぶりなんかも見れて、いろいろ勉強になりました。
日本でも指揮法の授業をとってたけど、残念ながら全然何も身につけなかった気がします。
かなり大人数の授業だったし、2,3回しか指揮したことなかったなぁ。4年間ちゃんととってればもっと学べたんだろうけど、私は半年しかしなかったので(しかも教職のため結構イヤイヤ・・・)。。。
ドイツでは1年間10人以内のグループで毎回みんなの前で指揮をふらなければいけないし、アンサンブル指導も習ったのでかなり充実していました。
まだまだ未熟ですが、何とか試験がんばりたいと思います♪

昨日、Jさんが白ワインを持ってきてくれました。
この間のハンブルクでの演奏会で頂いたそう。
少し甘めで白ワインずきの私はとってもおいしくいただきました♪

20060208040312.jpg

このワイン、瓶もオシャレなんですよ。
しかもコルクじゃなくて、写真では瓶の横にある透明のふたがついてるんです!
この瓶捨てないで、お花でも飾っちゃいたいなって思います♪
あまりお酒飲めなかった私ですが、最近ワイン好きになってきました☆

楽器別、性格判断。

 2006.02.06 21:19 
今日は朝からしんしんと雪が降っています。
私のお気に入りの中庭にも雪が少しずつ積もり始めてなかなかキレイ☆こういう寒い日はおうちにこもるのが1番(笑)

20060206211033.jpg

さて、もうすぐ試験な私。
今日その授業に行ってきたんだけど、外人の私には難しくて先生も憐れんでくれている模様。
次の土曜日は2時間個人レッスンです。。。ふぅ。
私の試験のテーマは『演奏家の社会性』。
音楽家たちは結構いろんなタイプがあり、例えば内向的、社交的などなど、子供の頃にうまく友達とコミュニケーションをとれなかった人などいるんですよね。
その理由とは?や、どうすれば克服できるか?などが試験のテーマでございます。。。
先生からもらった資料を読んでいて、おもしろいものを発見しました。それは『楽器別演奏家の性格』!
おもしろいことに楽器によって結構性格に特徴があるんですよね。
例えば私の場合、ピアノ・・・真面目。1人でもくもくと練習する。お堅い?などなど。。。
私は真面目な面ありますが(笑)そんなに当てはまってないかも・・・。でも個人主義なのはピアノの特徴なのかも。。。
日本でもよく感じたことだけれど、歌の人は華やかですよね。
資料によると・・・男の人で声が低くなるほど、遊び人らしい!(笑)てっきりテノールの方が軽いかなって思ったけど、バリトンなどの渋い声はもてるみたいですね♪
弦楽器は一般的に繊細な人が多い。
金管楽器はたくましく強いイメージがあるなぁ。
今回資料を読んで、改めて楽器について考えてみました(笑)
ほとんどピアノ曲しか書かなかったショパンはかなり内向的な人。でも繊細だからこそ、あんな美しい音楽を作れるんですよね♪

20060206210922.jpg

☆この写真はパリの市立ロマン主義美術館で撮りました。

20060206211539.jpg

P.S 今コメントが反映されないようになってしまっています。。。
コメントのお返事書けなくてごめんなさい。
fc2のブログのみなさんの所でもコメント書き込めません。
早く直るように願っているばかりです。。。

節分☆巻き寿司丸かぶり

 2006.02.05 19:12 
節分の日、みなさんはどんな行事をしますか?
子供の頃は豆まきをしたり、年の数より1つ多い豆を食べたりしたんだけど。。。
そういえば子供の時、たくさんの豆を食べれなくて(何せ若いから・・・笑)ちょっとおじいちゃん、おばあちゃんがうらやましかった気持ちを思い出しました。
そしてもうひとつ我が家では巻き寿司をかぶりついちゃいます♪
『恵方巻き』というらしいですが、私の家では『巻き寿司丸かぶり』です(笑)
『恵方巻き』のルールをご説明しますと・・・
①1人1本の巻き寿司を用意。
 七福神にあやかって7種類の具が入った太巻きがいいみたい。
②その年の1番いいと言われる方角(今年は南南東)を向く。
③ひと言も発さず(!)もくもくと1本食べる!
そうすれば、今年1年幸せに恵まれるらしい☆
・・・というものです。
私は完璧ではありませんが(笑)今年も(しかも1日遅れで・・・)実行してみました!
まず、お寿司。いつも手軽にくるっと巻いちゃう簡単巻き寿司を用意。
7種類の具はとても私には無理です。。。

20060205190745.jpg

食べる前にこの恵方巻きのルールをまず説明しましたが、Jさん戸惑い模様。丸かぶりなんてドイツ人には無理!?(笑)
方角もイマイチよくわかんなかったので、普通に切って食べちゃいました♪何はともあれ、幸せな1年になりますように(笑)
2月4日は立春。
日が少しずつ長くなってきて、春が待ち遠しい今日この頃です♪

野生的な男。

 2006.02.03 17:23 
昨日は久しぶりにメンザ(食堂)でお昼ご飯を食べました。
初めてブレーメンでメンザに行った時、あまりの量の多さにビックリ、いつも全部食べきれず残していたのに・・・今では物足りない!!!(!?)いや、絶対うちの大学のは量が少ないはず!って願っている私。。。友達と一緒に食べたんだけど、やっぱり話題は『試験』のこと。。。そうなんです、いよいよ来週、再来週試験なんだな。
友達もずっとおうちで勉強してるらしく、『試験が終わったら、思いっきり練習したい!』などの発言!!
ひぃ~、えらい違い。私なんて遊ぶことばっか考えているのに。。。息抜きも必要ですよね(笑)

今日はこの間見たワイルドな映画をご紹介。



『レジェンド・オブ・フォール』★★★★☆アメリカ(1995)
☆ストーリー☆
20世紀初め、モンタナの牧場。
元騎兵隊大佐のウィリアム・ラドロー(アンソニー・ホプキンス)は、戦いの記憶から逃れるため、この地に定住して3人の息子たちの成長を見守る。中でも狩りを好む野性児の次男トリスタン(ブラッド・ピット)に、ことのほか愛情を注いだ。
時は流れ、ハーバード大で学んでいた末っ子サミュエル(ヘンリー・トーマス)が、婚約者スザンナ(ジュリア・オーモンド)を連れて帰郷した。
やがて第一次大戦が勃発し、3兄弟はヨーロッパ戦線に出征するが、サミュエルは戦闘中に死亡する。
帰国したトリスタンは、悲しみに暮れるスザンナを慰める。
その夜、2人は結ばれ、同じく彼女を愛していた長男のアルフレッド(アイダン・クイン)は、もう兄弟ではないと告げて街へ去った。
アルフレッドは街で事業に乗り出して成功するが、弟を救えなかった罪の意識に憔悴しきったトリスタンは、「永遠に待つわ」と言うスザンナを残して世界各地へ放浪の旅に出る。。。

何と言ってもこの映画、ブラッド・ピットの野生的な所が魅力ですよね。この映画は少し古いけど、『トロイ』もこんなカンジだったよなぁ。兄弟3人から愛されるスザンナ、トリスタンに夢中になってしまうんですが、この一途さもすごい!みなさんは放浪の旅に出てしまった人をいつまで待てますか?
もう1人一途な女性も登場し、悲しい出来事、愛情の物語といろいろ展開します。
夕食の時に毎回きちんと正装して席につく姿が印象的でした。

オルセー美術館☆

 2006.02.02 04:49 
今日はもう1人のドイツ人の生徒さんのレッスンに行ってきました。
彼は何と!ダンスの先生☆
フラメンコやタンゴを教えているそう。かっこいい~♪
そのためとっても彼は音楽的で、教えている私もレッスン楽しいです!今日はショパンのワルツを弾いてくれたんだけど、素晴らしかった♪
弾く時の姿勢もいいし、私、正直言いますと・・・見習わなくては!(笑)

今日はすっかり先日のマネ・モネ特集でオルセー美術館にはまってしまっていたので(笑)、最後にこの美術館について書きたいと思います♪
2年前にパリの友達を訪ねた私。
この旅、美術鑑賞しまくりでした!
オルセー美術館には何と連続2日も通うことに!
20060202043330.jpg

1日目は友達と2人で行ったんだけど、次の日に友達のお母さんとそのお友達一行が日本から到着し、オルセーに行きたいとのこと。(そりゃそうだ!)
ってことで私達連チャンになったのです。
友達なんてお母さん達にすっかり解説つきでご案内。
私はじっくり絵を鑑賞しました♪
特にここは印象派の作品が揃っていて、ファンには必見☆

20060202043744.jpg

ドガ『青い衣装の踊り子たち』(1893)
ドガのこのバレエシリーズもなかなかステキですよね♪

20060202044024.jpg

セザンヌ『りんごとオレンジ』(1895-1900)
私のりんごジャムのシールにしたいぐらい(笑)

20060202043430.jpg

ゴッホ『アルルのダンスホール』(1888)
この絵かわいくて、結構スキ☆
アルルに1度行ってみたいなって思ってます♪
残念ながら、私がオルセーに行った時は、有名な『星月夜』はどこかの展覧会へ出張中だったんです。。。

20060202043847.jpg

ルノワール『ムーラン・ド・ラ・ギャレット』(1876)

20060202043534.jpg

ルノワール『ぶらんこ』(1876)
ルノワールをすきな方も多いのではないでしょうか?
この『ぶらんこ』エミール・ゾラの小説『愛の一頁』から着想を得たらしいです。
私はまだゾラの小説を読んだことがないので想像できませんが、機会があったら読んでみたいと思います☆
では最後に、このゾラの文章でオルセー美術館の旅を終わりにします☆

『立ったまま小さな板の上に乗り、腕を開いて縄をつかむ。
・・・彼女は薄紫色の飾りリボンのついたグレーのドレスを着ていた。・・・この日、青白い空の下、太陽が金色の塵を振りまいていた。それは葉の落ちた枝の間からゆっくりとこぼれる光の雨だった』 
ゾラ『愛の一頁』より☆

モネの庭☆

 2006.02.01 02:52 
今日は授業の帰りに、はまってるジャム作りのアイデアを盗むためデパ地下へ行ってきました。
この間もご紹介したフランスのBonne Mamanですが・・・何とみかん味を発見!まだ試したことがなかったので、買いたくてウズウズしちゃったんだけど、自家製りんごジャムがまだたんまり残ってるし・・・今回は我慢した私です(笑)
他にもパイナップル・洋ナシなどおいしそうなものもいっぱい!
でもショウガだけは・・・ちょっと・・・。おいしいのかしら?

昨日の続きで今回はモネについてです♪
クロード・モネ(1840-1926)フランス
1856年16歳の時にブーダンから自然の中の美しさを学び、屋外で描くことの素晴らしさを知る。
青年期にパリの画塾などで絵を学びながらルノワールなどと親交を結び、その後クールベやマネに感化され画家の特徴とも言える自然外光の描写に専念するようになる。
昨日マネの『草上の昼食』をご紹介しましたが、モネも同じテーマで絵を描いています。
20060201023721.jpg

『草上の昼食』(1865-66)☆オルセー美術館
友人の画家達をモデルにこの絵を描き、光がテーブルクロスや顔、草むらに反射している様子を描きました。
この絵をきっかけにモネは屋外での写生の重要性を主張しました。
20060201023417.jpg

『右向きの日傘の女』(1886)☆オルセー美術館
20060201023517.jpg

『左向きの日傘の女』(1886)☆オルセー美術館
そしてこの有名な2つの絵にも見られるように、人物まで写生するようになります。全てにおいての風景画をモネは描きたかったのでしょう。
モネ独特の淡いカンジがステキですよね☆

1883年から死去するまでの40年間はジヴェルニー邸の庭の造園や、庭の池に浮かぶ睡蓮を描くことに没頭。
モネはお花が大好きだったらしく、『なによりもいつも、いつも花を!』と言ってたみたい。
20060201023616.jpg

『青い睡蓮』(1916-1919)☆オルセー美術館
このジヴェルニーいつか絶対行ってみたいです☆
モネは日本に憧れを持っていて、かなりの数の浮世絵を持っていたんだとか。日本人として少しうれしく思う単純な私。
日本の高知県にこのジヴェルニーの庭があるみたいです!
実家から近いし、ここもいつか行ってみたいな☆
晩年のモネは目の病気になり、彼の作風もかなり抽象的に変わってきます。チューリッヒで見た展覧会『モネの庭』はとっても素晴らしかったです。
(注)展覧会はもう終わったみたいですが、サイトは見れるのでよかったらのぞいてみてください☆

モネのようにいつもお花を心に持っておきたいですね♪







 TOP 
プロフィール

あみ

  • Author:あみ
  • 『ひまわり日記』へようこそ♪
    私のブログを通していろんな人と交流できるといいな!
    コメントぜひぜひ残していってください☆



最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
 ブログ内検索 

 RSSフィード 
 カレンダー 

01 | 2006/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

 フリーエリア 
 メールフォーム 

名前:
メール:
件名:
本文:

 リンク 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。