FC2ブログ

ウィーンでお墓参り。

 2005.09.06 03:00 
私の趣味のひとつ(!?)でもあるお墓参りについて書きたいと思います。旅行をすると、とにかく作曲が眠るお墓を見たくてたまらなくなるのです、友達には少々あきれられ気味ですが。。。
何と言っても音楽の都ウィーン!たくさんの音楽家がウィーンを訪れているので、ウィーンには作曲家ゆかりのおうちや建物、お墓など盛りだくさんなのであります。大体墓地は広いのでいつも迷います。。。でも日本の墓地と違っておどろおどろしていなくて全然こわかなんてありません。ご丁寧に地図があったりするんだけど、結構すぐ見つけられなくていつもウロウロ。
しかし、ここ中央墓地はモーツァルト記念碑を回りにベートーヴェン・シューベルト・ブラームスと集まっているのでとっても便利♪

20050906025324.jpg


これはモーツァルトの記念碑。ところで、映画『アマデウス』をごらんになった方は、見られたと思うんですが、モーツァルトの葬儀はとってもあっけなく、共同墓地にぽんと埋葬されてしまって、今は正確な場所がわかっていないそうです。何ていうことだ~!!!この辺だろうと思われる聖マルクス墓地内のある場所に記念碑が建てられて、今はみなさんそこへお墓参りに行っているみたいです。中央墓地にも記念碑があります。

Beethoven.jpg


ベートーヴェンのお墓。

Schubert.jpg


シューベルトのお墓。

Brahms.jpg


ブラームスのお墓。シューベルトはベートーヴェンを尊敬していたので、自分が死んだらベートーヴェンの近くに眠りたいと言っていたらしいです。ブラームスもそうなのかな?

お墓をしっかり写真におさめて、眠っている偉大な作曲家に『ピアノうまくなりますように』と痛切に願って、墓地を大満足であとにする私です。
さてさて、ウィーンだろうがパリだろうが私の墓参りについてきてくれる友達が、唯一見たがったマーラーのお墓。中央墓地ではないので、かなりその墓地につくまでに迷い、歩いて足がくたくたになったというのに、お墓閉まってて入れなかった~!!!マーラーは見れず・・・。


スポンサーサイト



comment

  きち #YlatNgdA URL

お隣の国から、こんにちは。
これ、興味深い趣味です~。(笑)
確かに、こちらのお墓って怖くありませんよね。(とはいえ、夜中には歩きたくないかもですが。)
へええ、モーツァルトは正確なお墓が分からないんですね。(すみません、アマデウスみてないもので。)あんなに有名なのに~。


  NEKOYAN #- URL

私もウィーン訪れたとき、お墓めぐりしました。懐かしかった。同じようにお墓めぐりしている人と、お墓の中にある椅子でお弁当食べたの思い出します。マーラーは地味だった気が・・記憶が薄い(笑)

  an きちさん♪ #- URL

物好きなんでしょうか・・・?
遠い日本にいると、ヨーロッパの作曲家が本当にいたとかってあんまり感じられないけど、こうして彼らが実際にいた場所やしかも眠っている場所などにきてしまうと、本当に感動です★これからも私のお墓参りは続きます(笑)

  an NEKOYANさん♪ #- URL

おおっ!お墓参りの友ですね★
お墓でお弁当食べたとは~!!!スゴイ。
マーラーのお墓はハイリゲンシュタットにあるんですよね。
私はこれからもたくさんお墓の写真を撮り続けたいと思います!!!

  さおり #- URL

どのお墓もキレイですね☆
公園のモニュメントのよう(^^)
これからもお墓レポート楽しみにしています。

  an さおりさん♪ #- URL

お墓参りにきた人達がお花を一輪置いていったりもしてて、本当にきれいです。ハイ!これからもお墓参りを続けます。楽しみにしててくださいね(笑)
秘密にする

trackback

trackback url
http://amihimawari.blog12.fc2.com/tb.php/26-4c8c5411
 TOP 
プロフィール

あみ

  • Author:あみ
  • 『ひまわり日記』へようこそ♪
    私のブログを通していろんな人と交流できるといいな!
    コメントぜひぜひ残していってください☆



最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
 ブログ内検索 

 RSSフィード 
 カレンダー 

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

 フリーエリア 
 メールフォーム 

名前:
メール:
件名:
本文:

 リンク