FC2ブログ

バカリャウ、恐るべし。

 2007.05.02 15:39 
今日は大学の図書館に論文の資料を借りに行って来ました。
期限があと1ヶ月と迫ってきてるのに・・・ようやく半分書き終えたところ。。。
がんばらなくちゃ(泣)
ドイツ語での資料を最近躊躇なくやっと読めるようになってきたのに、今日図書館で私の論文のテーマにピッタリの本を見つけた!と思ったら・・・英語でした。。。(泣)
無理や、英語で本を読むなんて。

気を取り直して・・・今日は念願のアイススプーン(?・・・何て言うんでしょう・・・?)を買ったのでおうちでアイスカフェしました!

20070502222641.jpg

幸せ~♪♪♪
これでムースとか作ってもオシャレに盛り付けできるかな?
楽しみだわ~★

さてさて、今日はポルトガル旅行記の続きです。
第1話はコチラ。)
海を目指して散歩を開始した私たち・・・何とか迷いながらもフェリーの切符を買って乗り込むことができました。

20070502222952.jpg

海だと思ってたけど・・・川なんですね・・・スゴ。
テージョ川を渡った向こう岸に巨大なキリスト像が見えていたので行ってみることにしました。

20070502222855.jpg

ブラジルにあるのをまねたらしいです、ほぇ~。
何だか神聖な気持ちになった私たち、今度は対岸リスボンの街を見ていたら・・・おなかがすいてきた。

20070502222447.jpg

じゃあ今度はこの4月25日橋を渡ってリスボンへ帰ろうと歩き始めたんだけど・・・。
ガイドブックには西に下って行くとバス停があるって書いてあるんだけど・・・西ってどっちやねん!
方向音痴な2人・・・さっぱりわからんので勘をたよって進んでみたらもちろん間違い。
2、3回間違いを繰り返し、その度いろんな角度からクリスト・レイを記念撮影できました・・・とほほ。

20070502222756.jpg

かわいらしいおうちやネコ・イヌちゃんたちの出現にココロは浮かれながらも・・・途方に暮れてた私たち、ふとおばあちゃんたちが外でお茶してる所へ遭遇。
そしたら何も聞いてないのに身ぶりそぶりで何やら訴えてきてくれてる。
きっとバス停への道だ!って察した私たち、とりあえずお礼を言っておばあちゃんの教えてくれた通り進んでみることに。
そしたら!!!バス停発見★
おばあちゃん、ありがと~♪
きっとクリスト・レイのお導きですな、ありがたや~って言いながらバスに乗り込んだ私たちでした(笑)
とりあえず迷って体力を使い果たしたので早めに夕食にすることにしました。
もちろん、1日遅れだけど私の誕生日のお祝いなのです♪
ガイドブックの中の料理の写真の中に『バカリャウ』って連発だったのでこれは食べなければ!って2人とも注文★
私は『バカリャウ・コジード』。

20070502223131.jpg

塩抜きした干しダラをゆでた野菜と盛られたもの。
トニオは『バカリャウ・ア・ブラス』。

20070502223029.jpg

干しダラとタマネギを炒め、千切りのフライドポテトを合わせ、卵でとじたもの。
おいしかった~!・・・んだけど、量が多すぎて、2人とも最後の方はバカリャウ恐るべし状態でした。。。
こうして私たちのリスボン1日目は無事に終わったのでありました♪

スポンサーサイト



comment

  ラメ #YcICaCpI URL

リスボン、ステキですね~♡
ガイドブックの写真通りの街並みに、夢がふくらみます(?)
食事もおいしそう!
量が多いのは辛いですけどね(^_^;)

  あみ #- URL

an ラメさん♪
食事は日本人の口にあうものばかりでしたよ!
魚料理がおいしくて、おいしくて。
ドイツではなかなか魚食べれないですよね。。。
リューベックなんて海があるのにもかかわらず(泣)
でもやっぱお値段はそこそこしてました~。
秘密にする

trackback

trackback url
http://amihimawari.blog12.fc2.com/tb.php/260-f0fa689a
 TOP 
プロフィール

あみ

  • Author:あみ
  • 『ひまわり日記』へようこそ♪
    私のブログを通していろんな人と交流できるといいな!
    コメントぜひぜひ残していってください☆



最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
 ブログ内検索 

 RSSフィード 
 カレンダー 

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

 フリーエリア 
 メールフォーム 

名前:
メール:
件名:
本文:

 リンク